読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯並びと歯列矯正の記事

千葉県の小児矯正・見えない矯正専門のクリニックブログ

歯医者さんは怖くないですよ〜

クリニック情報

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

もうすぐ夏休みも終わりますね。

8/3に「こども歯医者さん&歯磨き教室」という

当院で初めて子供イベントを行いました。

 

f:id:makino-ortho:20160822064755p:plain

 

診療道具を使って歯医者さん気分を味わったり、歯型をとって歯の模型を作ったり、赤染して歯磨き教室をしました。

その間、保護者様には院長と歯並びのお勉強を一緒にしました。

 

f:id:makino-ortho:20160822091606p:plain

 

全体としては「小さい頃から歯医者さんに定期健診にいきましょう」という内容でした。歯医者さんの事を知ってもらえば、定期健診も怖くないですよね。

 

遠くから来てくれたお友達もいまして、皆さん本当に満足してくれました(^-^)。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。また来年の夏も子供向けイベントをおこなっていこうと思います。

 

矯正治療がすぐ始められます。

治療期間

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。当院は8-12〜16まで夏季休業です。通院中の患者様で何か装置トラブルがありましたら、メールでご連絡下さい。

 

このお盆のうちに普段できない自宅の整理などをしようと、ウェブサイトで色々と整理道具を注文しようと思っていたですが、お盆を挟むので、商品が結局届かないようで全然進みません。ちょっとモチベーションが下がってきました(笑)

 

矯正治療を考えていらっしゃる患者様にも、初診相談の時はヤル気に満ち溢れていても、時間が経っていざ矯正治療をスタートしようとした時には、モチベーションが下がっていたなんていう方もいらっしゃいます。

 

 f:id:makino-ortho:20160813095908j:plain

 

時間が経つと治療へのモチベーションが下がる。


矯正治療を始めたいと初診相談に来られてから、実際治療をスタートするまではこのような流れをとります。

 

1初診相談→2精密検査→3診断→4治療スタート

 

1と2の間は予約の空き次第ですぐ精密検査ができたりします。この中で時間を要するのは2と3の間です。この間に精密検査の資料を分析して、要点をまとめ、治療方針を作成し、患者様に説明用の資料を作成します。大学病院の矯正歯科の場合は、この期間を1か月程度とったりもします。ただ、やはりいざ矯正治療をしたいと考えて、治療開始が1か月以上先だと、ちょっとモチベーションが下がりますよね。

 

当院では診断のお約束は精密検査から7日後〜でとる事が可能です。もしはじめから治療に前向きの方の場合、初診相談の予約を取る際に精密検査の予約も同時にお取りください。そうする事で矯正治療を初診相談から1週間でスタートできます。

 

初診相談は無料です。またそのまま精密検査を受けても費用はかかりません。

(診断時に診断料をご請求いたします。)

無料相談とは?(これから歯列矯正を相談したい方) | まきの歯列矯正クリニック

小学生低学年の矯正装置

子供の矯正

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

私は行っていないですが、話題のあのスマホゲームのキャラクターは全部で100種類以上もあるんですね。スマホを見る時はどうしても姿勢が悪くなりますから、あれを歩きながら行うと、たしかに歩行距離は伸びますが、姿勢面からはカラダの健康にもとっても悪そうですね・・・

 

 f:id:makino-ortho:20160804061533j:plain

小学生の様々な矯正装置


小学生低学年のこどもの矯正装置は実は様々な種類があります。微妙な違いも含めると実に100種類以上はあるのではないかと思います。矯正装置というと、どうしてもあのワイヤーの矯正装置をイメージしますが、実は小学生低学年から表側のワイヤー矯正装置をつけるパターンはそんなに多くはありません。

 

大きく分けると使用時間で3つに分けられます。

①固定式の矯正装置(自分で外せません)

・永久歯前歯のブラケット装置

・6歳臼歯にバンドをいれる内側の固定し式装置

②学校でも使用する取り外し式の矯正装置(12時間程度使用)

・プレートタイプの床矯正装置

③在宅時使用の取り外し式の矯正装置(8時間程度使用)

・ヘッドギアなどの顎外固定装置

・マウスピースなどのトレーナー型装置

 

子どもの矯正治療というとどうしても②の床矯正のイメージが強い方もいらっしゃいますが、これはあくまで矯正装置の一つです。学校で取り外しをするのでどうしてもイメージが強いのです。当院での床矯正使用率は25%程度です。

 

こどもの矯正治療はそれぞれの症例・環境を配慮して矯正装置を決定します。

子供の矯正ガイド | まきの歯列矯正クリニック

 

自由研究を一発解決

クリニック情報

f:id:makino-ortho:20160725060451j:plain

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

こども達にとって楽しい夏休みが始まりました。お母さん達にとっては毎日子供が家にいて大変な40日ですけど・・・

 

ところで、夏休みといえば必ず学校で宿題があります。私はどちらかと言えば、均等にわけて毎日できなかったので、先に7月中にまとめてやってしまうタイプでした。あとでやると宿題があった事自体を忘れてしまうので(笑)

 

いつも当院に通院してくれている小学生のこども達は、矯正装置を使うのと同じように夏の宿題も計画的に処理しています。実は、矯正装置を毎日しっかり忘れずに使うのは意外と大変です。少なからず矯正治療はこどもを規則正しい生活へと教育しているのだと思います。矯正装置がしっかり使える子は、スポーツや受験なども成功している傾向にあります。

 

この前、感心したお子さんがいました。ヘッドギアを夜つけて治療をしているのですが、最近使用しないで寝てしまうことが多々という事でした。そこで、私が夏休みの使用表をつけてもらおうと思ったら、なんと、彼が手作りで自発的に作ってきてくれたのです。その後はしっかり自分で矯正装置を管理しとっても治療効果が出るようになりました。

 

矯正治療も宿題も自発的に行うと効果出ますね。ちなみに自発的に宿題を終わらせるのが難しいお子さんに、夏休みの自由研究をさっさと終わらせる良い方法があります。8/3(水)10時より歯医者さんの体験イベントと歯磨き教室を行います。これに参加すれば、自由研究が1日で完成します!是非ご参加下さい!事前予約制です。

 

f:id:makino-ortho:20160703065557p:plain

参加ご希望の方は準備もありますので7月中にお電話でご連絡下さい。

 

うちの子は準備矯正契約?本格矯正契約?

子供の矯正

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

我が家の子供は長男と娘なので、残念ながら衣類はあまり使い回せません。という事で最近、下の娘の衣類を買いに行きます。そこでいつも考えるのがサイズです。

 

うちの娘はちょっと体が大きいので年齢で買うとサイズか小さい事も多々。そこでピッタリだと、すぐ子供が大きくなって買え変えなくてはならないかもですし、大きい方だと、しばらくちょっと着させづらい・・・。

 

結局、ちょっと大きいものを買ったつもりが、家に帰って着させるとピチピチ!「しまった、全然小さかった!」なんて事がしょっちゅうです。

 

同じように「9歳の子供の小児矯正を相談したら、ワイヤー装置まで使用する大人の本格矯正の説明を受けた 」なんていう事もあります。

 

小学生でも本格矯正契約はある


学校検診が終わり夏休みシーズンを前に、矯正相談に来られる小学生のお子さんを持つご家族が多くなってきました。小学生の場合はまだ生え変わりが完了していない場合は2段階矯正治療を説明させていただいています。2段階とは準備矯正の1段階目と本格矯正の2段階目です。

 

前歯のかみ合わせと後から生えて来る横の永久歯のスペースをつくってあげるのが準備矯正、主にワイヤー装置を全ての歯につけ歯並びとかみ合わせを100点に持っていくのが本格矯正です。準備矯正か本格矯正かは年齢ではなく、歯の生え変わりの段階によって治療契約が決まります。下記にわかりやすくまとめてみました。

f:id:makino-ortho:20160717074427p:plain

歯並びの生え変わりに前後2年のスピード差がありますから、生え変わりの早い子と遅い子では4年程度違う事もあります。同じ9歳でも歯の生え変わりが早いAさんは本格矯正契約、生え変わりの遅いB君は準備矯正契約といった感じです。

 

当院の治療費は総額制ですので、準備矯正から始めて2段階で本格矯正へ行っても、本格矯正から始めても費用は一緒です。また、基本的には準備矯正のみで終了することを推奨してはおりません。ですから、生え変わりが早いと損をするという訳ではありませんのでご心配なく。

 

子供の矯正ガイド | まきの歯列矯正クリニック

まきの歯列矯正クリニック